高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/6/05

8-02

ダイエットするときには
「とんこつラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「チーズケーキやアイスクリームもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

みなさまは、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」
  ↓
「好きなものが食べられない」
  ↓
「ガマンしなくちゃいけない」
  ↓
「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
シェイプアップ=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「1ヶ月だけ死ぬ気で頑張って減量するんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、1ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすいからだだけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
減量前よりもブクブクの肉体になってしまいます。

だからこそ、シェイプアップというのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
減量=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
減量を長く続けるモチベーションが続きませんよ!

じゃんじゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-06

お子様の顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
子どもは早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ライスなら玄米を堅めに炊く…
食パンなら黒パンをト-スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
お子様は咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
お子さんはそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
クチの中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のようにクチでモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
子どもに木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
ママと娘が一緒に殻を剥きながら食べると、
子どもは自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
お子様の顎を鍛えるには貴重な食品。

子供の場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

お母さんは自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際にお子様に分け与えるようにしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る