高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/7/13

8-06

自宅の脇に花屋を構えて1年になる。
妻と始めた小さな店。

近所の幼稚園に通う一人息子は、
帰ってくると真っ先に店の中に飛び込んでくる。

客がいる時は店内に入らないよう言い聞かすが、
5歳の息子には、なかなか分かってもらえない…

その日は、
いつになく僕の足元から離れようとしなかった。
下を向いて何かごそごそやっている様子。

何度注意しても聞かない息子の態度に腹を立てたあたしは、
つい男の子の顔の前でさっと右手をあげた。

覚悟ができていたのか、
むすこは両目をギュッと閉じて固まっている。

「いい加減にしろ!」
クチで叱りながら何気なく男の子の手元を見ると
何やらしっかりと握りしめている。

薄眼を開けながらムスコは、
「お父さんとお母さんにプレゼント」
と手を伸ばす。

束ねられた花が2つ、
それぞれがラッピング用のセロファンでまかれ、
バランスは悪いがきっちり、リボンまで結んである。

聞くと、母親の日も近かったので、
奥さんに自作の花束を渡したかったらしい。
花の扱い方を教えたことなどないのだが…

よく見ると、結ばれたリボンの先は、
うまい具合にくるくるとカールしている。

こんな短時間のうちに、
ぼくのどなり声にもひるまず、よくここまで作れたものだ。

お子さんならではの感性と集中力、
そしていつの間に覚えたのか、その観察力に驚いていると、
さっきまでの怒りは自然に消え、顔を張るつもりであげた右手は
いつの間にか力も抜けて、坊主頭の上に軽く置かれていた。

一つでなく二つの花束を作った
男の子の優しい気持ちがうれしかった。

その日の晩、もう一つの花束は
リボンが外されぬまま自宅のキッチンで飾られていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-06

最近、シェイプアップのために、
ヘルシーな食生活に変える方が増えてきていますが、
食べる事スタイルの一つとして、
菜食主義やマクロビオティックを始める方も増えていますよね。

50代に入っても、美しい体質をキープしている
マドンナが行っていることで有名になったマクロビオティックですが、
基本は菜食主義です。

ところが、このマクロビオティックは、
かなりの食べる事制限があり、専門的な知識がなければ、
マクロビオティックは実行できません。

マドンナのようなセレブであれば、
マクロビオティックの知識がある調理人に、
午前中13時18時と、
食事のすべてを任せることも可能ですが、
普通にマクロビオティックを行うことは難しいことなんです。

基本的に、菜食主義は食べる事のメニューは野菜中心です。

菜食主義は、生活習慣病防止に効果的ですが、
過剰に野菜中心になると、リスクがあるんですよね。

肉、魚、乳製品をはじめとした動物性タンパク質を、
全く摂らない菜食主義は、体質によっては、
健康を維持できなくなったり、逆に太ってしまう危険性もあるのです。
これでは、シェイプアップに逆効果です!

菜食主義でも太る危険性があるのは、
脂肪を燃やしてくれる筋肉が落ちるからです。

筋肉が乏しいと、脂肪が燃えにくくなってしまいますので、
ダイエットを成功させるためには、
最低でも一食あたり、手のひらに乗る程度のタンパク質は必要なんです。

また、野菜から鉄分を吸収することが上手くできない体質の方が、
「健康とシェイプアップに良さそうだから」と、
菜食主義を徹底して行い、貧血を起こし始めることもあります。

体質などによっては、
菜食主義が健康的な減量だとは言えないのです!

美しく減量するためには、
何でも食べないといけないんですね!

応援クリックしてね・・・プチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-03

1週間くらい前、6人兄弟の末っ子である親父が、
母親と共に上京しました。

福岡から東京に嫁ぎ、
そこで生涯をまっとうされた伯母に当たる方のお骨を、
故郷に持って帰るという大役を仰せつかったためです。

東京には父のお兄さんが3人も居るのですが、
何せ末っ子である父親が既に66歳ですから、
兄貴たちは皆さん元気にはしていても、
供養を終えたその足で福岡・東京間を往復するには
かなりの体力と気力がいるため、
オレの両親がその大役を引き受けたというわけです。

さて、7~8kgほどある骨壷を
父親と母は交代交代で大切に抱えながら空港に行き、
チケットカウンターで搭乗手続きをしていると、
奥のほうから何やら難しそうな顔をした人が出てきました。

「それは骨壷ではありませんか?」
と聞かれ、 母親は隠すにも隠せない状況だったので、

「はいそうです」
と、正直に答えました。

するとその方は、
「骨壷は特別な手続きをしなければいけないことになっています」
と言って、奥の方へ行かれたそうです。

ママはその人が出て来るまでの間、
「これはやっかいなことになったなぁ…」
と、さらに疲れがどーっと増していくのを感じていました。

しばらくして、手続きが終わり、やっとのことで搭乗できました。

座席に行くとびっくり!
何とお父さんとお母さん2人の座席とは別に、
もう一つ骨壷のための座席が用意されていたのです。
しかも、機内はほぼ満席状態だったにもかかわらず…

その日は、6時からお父さんも母も長い時間、
その重い骨壷を体から放すことなく、
ずっと交代で抱えていたため、 疲れもピークに達していた矢先の出来事でした。

「思いもよらないことで、感動して涙の出る思いだった」
と話してくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る