高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/3/19

8-01

シェイプアップを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「減量しよう!」
    ↓
「減量成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、太郎も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、シェイプアップに成功し、
それが自分に自信をもたらし、友達が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

シェイプアップに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「ダイエット成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

1ヶ月に3KG痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
1年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初に減量を始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはミーもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのシェイプアップは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたおれ…
母と楽しく話をしている僕…
好きな知り合いと腕を組んで歩いているあたし…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-01

減量をしようと決めて、
当初はトレーニングするぞ!と意気込んでいたのに…

長続きしなくて断念してしまった方も
多いのではないでしょうか?

シェイプアップを長続きさせるコツは
楽しんで行なうことだと思います。

例えば…
ウォーキングを行なう場合、
はじめから一時間も歩いたりせずに、
15~20分から始めるようにして、
少しずつ時間を延長していく方が身体も慣れて
長続きすると思います。

慣れるごとに
体操の内容もだんだんと変えていくといいと思いますよ。

連日きちんとやらなければ!などとあまり真剣に考えずに、
今日はできなかったから明日頑張ろうという感じで、
気楽にやる方が長続きすると思います。
連日やらなくても、24時間おきでもいいんです!

体操の内容はいろいろですが、
あさ目覚めた時にふとんの中で
ストレッチを5分ほどすると気持ちよく起きれますし、
17時寝る前にストレッチをすると
24時間のたまった疲れをとることができます。

また、
電車やバスの待ち時間の間はつま先立ちで立っていたり、
エレベーターを利用せずに階段を利用したりするように
心がけることもいいと思います。

家でテレビを見るときもただ見ているだけではなく、
wiiスポーツをしながら見たりするなど、
毎日の生活の中でも
トレーニングするチャンスはいっぱいあるはずです。

日常の中で、
無理なくできるトレーニングを工夫してみると楽しいと思いますよ。

体質を動かす量を増やすことが
シェイプアップのためには大切なことなのです。

一気にやらずにコツコツと活動量を増やしていけば、
長く続けられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-09

「節約」が当たり前のように浸透している今日。
職場では弁当持参は当たり前。
独身男性でも手製の弁当を持参する姿も多いとか…

最近は、専業主婦でも「家弁」が流行っているという。
9時の残りや、子ども達のお弁当の残りで自分の弁当も作り、
12時時に自宅で食べる…

我が家でも、
わたくしが弁当を作る機会が増えている。
息子達のスポーツクラブのせいだ。

お子さん達のクラブでは、
母のほとんどが仕事をしているので、
「臨機応変!楽できる時は楽しよう」がモットー。

公式戦の大会では
事前に弁当の注文を取り、業者に発注する。

しかし、
我が家の子供達が入っているクラブは公式戦ではなく、
それ以外の交流戦も多いのだ。

交流戦の時は弁当持参が基本なので、
気づくとおいらは年中弁当を作っている…

それも子ども2人分に、
最近何を血迷ったかコーチになってしまった旦那の分とわしの分。
毎回合わせて4個!

ミーは弁当作りが苦手部門の1つ。
もともと細かい仕事が苦手なので、
色とりどりの美味しそうな弁当を作るという、
繊細なお仕事は、およそ俺の性格に合っていないのだ。

しかし、苦手などと言っていられないのも事実。
作らないで買って持参する人も中にはいるが…

我が家の場合、
500円の弁当だとして、×4人前で2000円。
交流戦が二日も続くとそれだけで4000円の出費。
…これは大きな出費!!
なんとしても避けなければ!

1週間位前、
「4人分の弁当作りがみっかも続く!」と妹に愚痴ったところ、
「でもお姉ちゃんの場合、きっと根性で作るよね?」
さすがいもうと!おれの性格を読んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る