高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/4/21

8-03

オレは高校を卒業し、
地元から少し遠い大学に進学したため、
ひとり暮らしを始めた。

少しづつ学生生活にも慣れ、
楽しく連日を過ごしているとき、
僕に試練が与えられた。

ある日の授業中、突然顔の右半分が麻痺し、
思うように動かなくなってしまった。
急いで病院に向かった。
仕事が終わったばかりのパパも病院にかけつけてくれた。

医師の診断によると、
ボクの病名は、顔面神経麻痺。
環境の変化によるストレスからの麻痺ということだった。

人によって治るは早さは様々だが、早くても1ヶ月。
長いと半年くらいかかるとのこと。

その日は、薬をもらい、帰宅した。
おいらは、怖くて怖くて仕方がなかった。

目が閉じられない。うがいが出来ない。笑うことができない。
昨日まで普通に出来ていたことが、いきなり出来なくなった…

ミーは精神的にもすごく落ち込んでしまった。
しかしお父さんも母親も、おれを献身的に支えてくれた。

実家に帰ったら、
上手く食事ができない僕のために、
お母さんはやわらかい食べ物を作ってくれた。

顔が動かせないあたくしのために、
親父はマッサージを教えてくれた。

おいらは、病気が治ったら、
笑って「ありがとう」って言おう!と心に誓った。
それから、日々薬を忘れずに飲み、マッサージも続けた。

そして、発症からひと月ほどしたある午前中、
「おはよう」というママに、
口角がしっかり上がった笑顔で「おはよう」と返せた。
とても嬉しかった。

そのことに親父と母が喜んでくれたことが嬉しかった。
あたしは笑顔で「ありがとう」って言った。 

病気なんて、ならないほうが良いに決まっている!
でも、今回の病気で、
親父と父親に「ありがとう」って純粋に言うことが出来た。

怖かったけれど、嫌だったけれど、
私は確実に成長できた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-02

今日から学校のプールが始まる!

「いってきます」の声を玄関に残したまま
娘は駆け出していった。

重いランドセルを背負いながらも踊るように出かけた女の子は
よほどプールを楽しみにしていたのだろう。

しかし帰って来たときの
「ただいま」は蚊の鳴くような声だった。

どうしたのか聞くと、どうやら着替えの時、
両方のお尻の中央にあるえくぼのようなくぼみを
仲間に笑われたらしい。

両親からの遺伝子は変なところまで類似を作る。
何を隠そう、あたくしのヒップにもそのえくぼがある。

あたし自身はそのえくぼを気にしたこともなかったのだが、
娘は今にも泣き出しそうな様子だった。

「ママとおそろいよ」となだめすかしたが…

「他は全部ママと同じがいい。だけどおしりだけはいや!」と強情だ。

その話は女の子は納得しないままだったが、
数日経って、ミーのほうはすっかり忘れてしまった。

そのまま夏休みに入り、
あたしは女の子を連れて実家に泊まりに行った。

あの厳格なお父さんが孫の顔を見ると
顔中をしわくちゃにして喜ぶ。

女の子は「おじいちゃんとお風呂に入る」と
風呂場へ駆け出した。
しばらくすると、風呂場から二人の大きな笑い声が聞こえてきた。

のぞいてみると、二人は泡だらけで互いの尻を見比べている。
「ママ、おじいちゃんにもあった、あったよ!」

なんと、生まれて初めて見たお父さんのヒップに
えくぼが二つ行儀よくならんでいるではないか!

女の子は
「おじいちゃんとママとわたしが繋がってる証拠なんだね」と言いながら、
嬉しそうに父のヒップのえくぼを触っていた。

ムスメの発見で三人で大笑いするとともに、
あたしは確かにこの年老いた親父のムスメだったんだと、
なんだか少しジーンとしてしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る