高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/5/25

8-08

皆様は、午前中何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
僕は日本茶が大好きで、
パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら? 
 
もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
24時間に何杯も飲んでいます。

1週間ほど前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも10時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で身体を目覚めさせ、
それから何かをくちに入れて出勤されるとか…

昔から
「あさ茶はその日の難逃れ」とか
「6時茶に別れるな」
「6時茶は三里行っても飲め」
「6時茶は七里帰っても飲め」…など
あさにお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
1日が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日1日仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう? 
腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も肉体も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい日々でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-05

わしたちのわしって、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「腹がすいたなぁ~」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「お腹がいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
お腹がすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ライスを食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこでオレは、
ごはんの前にウエストがすいてしまったら、
アメを一つ舐めるようにしています。

あめ玉は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
ウエストがすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

減量中は、
甘いものなどのお菓子類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆にシェイプアップに役立つというわけですね。

また
我慢だけのダイエットで、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ライスの食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のご飯は少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
飴はダイエットの強い味方ですよ!

みなさんも、是非お試しくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018-3-25
  • コメントは受け付けていません。
8-03

「減量中は間食を控えるべき」
というのは、みなさんご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
ご飯を食べてから数時間でお腹がすいてしまい、
手軽にお腹を満足させるために、
おやつなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい体質になっていくわけです。

また、お腹がすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むお菓子などを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもお菓子のほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおかしなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的には腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくお腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-02

減量をするときには、
適度な運動ということが必須になってきます。

特に有酸素トレーニングを取り入れることによって、
脂肪の燃焼しやすい肉体を手にいれることができます。

有酸素運動の中には、
エアロビや水泳といった体操が含まれてきます。

中でも人気の高い有酸素体操として、ジョギングがあります。
ジョギングは思い立った日からトレーニングを開始することができます。

また、
どんなに体操が苦手の人であっても、走ることはできるはずですから、
誰でも気軽にはじめることができるところが、支持されているのでしょう。

ところで、ジョギングについては、
外に出てジョギングするという方法と、
ジョギングマシンを使って、
スポーツジムなどの屋内でジョギングをする方法があります。

後者は毎日仕事があって、
日中はジョギングの時間を割くことができない人が
多く利用している方法です。

一見、両者ともに走るという同じ運動をやっているわけですから、
ダイエットの効果についても大差はないように思われます。

でも、屋外でジョギングをしたほうが、
より多くのカロリーを消費することができるんですよ!

マシンを使ってジョギングする場合、
ベルトコンベアによって、体が流れるところが問題なんです。

マシンはベルトコンベアを使っているので、
からだは常に後ろのほうに流れてしまいます。
足の運びについても常に後ろに流れますから、
正常な姿勢をとることができません。

ジョギングは肉体全身の筋肉を使うトレーニングなのですが、
マシンは後ろに流れてしまうために、
すべての筋肉を効率的に動かすことができずに、
結果的にカロリーの消費ペースが悪くなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る