高校生は見ちゃ駄目!エロナビゲーターブログ:18/3/25

  • 2018-3-25
  • コメントは受け付けていません。
8-03

「減量中は間食を控えるべき」
というのは、みなさんご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
ご飯を食べてから数時間でお腹がすいてしまい、
手軽にお腹を満足させるために、
おやつなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい体質になっていくわけです。

また、お腹がすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むお菓子などを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもお菓子のほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおかしなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的には腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくお腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8-02

減量をするときには、
適度な運動ということが必須になってきます。

特に有酸素トレーニングを取り入れることによって、
脂肪の燃焼しやすい肉体を手にいれることができます。

有酸素運動の中には、
エアロビや水泳といった体操が含まれてきます。

中でも人気の高い有酸素体操として、ジョギングがあります。
ジョギングは思い立った日からトレーニングを開始することができます。

また、
どんなに体操が苦手の人であっても、走ることはできるはずですから、
誰でも気軽にはじめることができるところが、支持されているのでしょう。

ところで、ジョギングについては、
外に出てジョギングするという方法と、
ジョギングマシンを使って、
スポーツジムなどの屋内でジョギングをする方法があります。

後者は毎日仕事があって、
日中はジョギングの時間を割くことができない人が
多く利用している方法です。

一見、両者ともに走るという同じ運動をやっているわけですから、
ダイエットの効果についても大差はないように思われます。

でも、屋外でジョギングをしたほうが、
より多くのカロリーを消費することができるんですよ!

マシンを使ってジョギングする場合、
ベルトコンベアによって、体が流れるところが問題なんです。

マシンはベルトコンベアを使っているので、
からだは常に後ろのほうに流れてしまいます。
足の運びについても常に後ろに流れますから、
正常な姿勢をとることができません。

ジョギングは肉体全身の筋肉を使うトレーニングなのですが、
マシンは後ろに流れてしまうために、
すべての筋肉を効率的に動かすことができずに、
結果的にカロリーの消費ペースが悪くなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る